人気ギャンブル邦画トップ4

現在、カジノ業界の成長は比較的著しく、多くの人々が人生において忘れられない出来事としてギャンブルに参加しています。これにとどまらず、ギャンブルは映画業界とも調和し、実際の話や出来事に基づくギャンブル映画が上映されるようになりました。

ギャンブル映画には複数の選択肢があるものの、ギャンブルのアクション性が高いことで、日本のギャンブル映画が最も注目されています。ここに、ギャンブルの実話を基にして上映されてきた日本が関わる映画を挙げます。

カイジ

国内のギャンブル映画を探求する際、『カイジ』が最も印象的な映画となるでしょう。この映画はシリーズ化されており、4部作から成ります。物語全体のメインテーマは、人がお金の管理に奮闘しながら最終的にギャンブルに手を染めるという実際の出来事をもとにしています。映画『カイジ』は、高校卒業後日本に移り住んだが職に就けなかった青年が主人公になっています。無職であることへの苛立ちと社会への怒りから、彼はギャンブルと酒におぼれるようになりました。彼は借金取りにつかまり、2つの選択肢を与えられます:それは借金を全額返済するか、もしくはギャンブルするかでした。カイジはギャンブルを選び、物語が始まるのです。

カジノ・レイダース

『カイジ』と並ぶスリラー兼サスペンス映画として『カジノ・レイダース』が挙げられます。この映画の物語はギャンブルによる戦利金を題材にしています。プロのギャンブル仲間である友人同士2人組が運試しにアメリカのカジノで6、000万ドル当てようとするというところからその物語が始まります。彼らはアクションとスリル満点の展開で賞金を追い、それを手にするのです。『カジノ・レイダース』もまた続編のある映画で、前編と後編の2部作になっています。

Conman in Tokyo

映画『Conman in Tokyo』はギャンブルの実世界を描いた有名な映画の1つです。映画の主人公は香港のプロのギャンブルチャンピオンCoolです。自称ギャンブル界の王者Jersyが友人とともに伝説のギャンブラーを探しに東京を訪れるところから物語が始まります。彼らはレストランでCoolを見つけます。そこではCoolの恋人が義理の兄と婚姻関係にあるという状況でした。その後、何がCoolにギャンブル復帰させたのか、彼がどのように伝説的地位を築いたのかが映画の中で描かれています。

賭ケグルイ

実際のギャンブルおよびアクション映画以外に、多くの人は若いギャンブラーが出てくる映画を望んでいます。この映画はその種の映画の1つです。物語は、名門で歴史ある私立百花王学園を舞台に始まります。この学園の生徒たちはギャンブルの腕前によって階級づけされているのです。そこで、学生たちはギャンブルの腕前でチャンピオンシップを勝ち取り、生徒会長の地位につこうと奮闘するのです。彼らがどのようにギャンブルの腕前を披露するか、そしてどのように勝ち上がって行くかがこの映画の見所です。

このように、上記の映画はどれもスリルとアクション満点のプレイが満載で、ギャンブル愛好家にとって見逃せないものばかりでしょう。