実話に基づく最高のギャンブル映画

伝記体のギャンブル映画は興味深く鑑賞できます。このような映画をほかの人にも薦めてみてください。もしあなたがギャンブル映画を好み、次の休日に興味深い実話に基づくギャンブル映画を見たいと思っているのなら、ここで挙げるカジノ映画を順番に観るのがいいでしょう。

これらの映画はあなたに最大の娯楽を提供し、あなたは最高の方法でこれらの映画を鑑賞したいと思うようになるでしょう。

カジノ(1995年)

Martin Scorseseによる1995年の素晴らしい作品『カジノ』は90年代のギャンブル映画の定番作品です。このカジノ映画はシカゴのギャングAnthony SpilotroやFranky Leafty Rosenthalのような、小説化された実在人物を描いています。Franky Leafty Rosenthalはラスベガスカジノのボスで、無許可で4つの違法カジノを運営し、幼少期の友人Spilotroとのつながりを通して違法な地下世界とのかかわりを持った1970年代のラスベガスのカジノで有名な取締役でした。Nickey SantoroやSam Rothsterinがこの実話のカジノ映画の重要な登場人物です。

21(2008年)

2008年の映画『21』は有名な著書『ラスベガスをぶっつぶせ:ラスベガスから何百万ドルも取った6人のMIT学生の軌跡の物語(Bringing Down the House: The path Story of 6 MIT youngsters Who Took Vegas for Millions)』を完全に映画化したものです。この小説はエンターテインメント性が豊富で、その映画は時間さえあれば見たくなるような話です。このカジノ映画は若いMITの学生が数学教師に惹かれて、その教師や他のたくさんの生徒と一緒に最高のカードカウンティング手法でラスベガスのカジノを欺こうとする物語です。展開の早いこのカジノ映画には演出が加えられ、映画愛好家の間でも同好会内で推奨しあうような作品となっています。このカジノ映画の全ての登場人物やあらすじは実在人物と、成功を収めたMITブラックジャックチームの様々なうわさをもとにしています。この映画の主人公はBen Campbellです。このカジノ映画の主演はJim Sturgessです。Kevin Spaceyが数学教授Micky Rosa役を演じています。

モリーズ・ゲーム

『モリーズ・ゲーム』は実話に基づく人気のあるカジノ映画です。Molly Bloomが自叙伝『モリーズ・ゲーム』で実際のカジノに関する衝撃的な事実をいくつか暴露しています。この本には「世界で最も上流向けでハイリスクな、極秘ポーカーゲームの裏にいる26歳の女性の実話」が書かれています。この有名なカジノ映画は、Mollyが違法なハイリスクポーカーゲームをNYCのホテルのスイートルームで仕切る様子を描いています。カジノでのゲームによって感心させられた大物有名人もおり、ギャンブル行為に関与していた実際の人物に関しては憶測が飛び交っています。

Broke

 

 

Brokeは2016年に公開されたスポーツを題材とする映画です。カジノに基づくこの映画は、八百長騒動を土台にしています。これらのスキャンダルは2000年代初頭にオーストラリアを激震させたのでした。カジノを題材にしたこの有名な映画は、気絶しているところを元ファンのCecによって発見されたラグビーのスター選手BKを追う物語です。BKは八百長騒動への関与後にチームから追放され、そのことで一文無しのアルコール中毒者になりました。